SoftOrbits

SoftOrbits Icon Makerでアプリのアイコンを作成&修整!デザイン、小さなグラフィックの編集、変換などに必要なものを全て備えたSoftOrbits Icon Makerはアプリを作るすべてのデベロッパーにマストなツール。このツールが自動的にエフェクトを追加し様々な見た目のアイコンを作成するので、絵を描くのが得意でない方でもどんな写真からもプロのようなアイコンを作成することができます。

Windows、Android、iOSアプリ用にアイコンを作成

二つのプラットフォームが全く同じということはありません。Windows, OS X, Android, iOS、その他多数のプラットフォームがそれぞれの特殊な仕様に合わせて作られたアイコンを使っています。Windows 7と8を通してPNGフォーマットで使われている32-bit, 256x256ピクセルアイコンについてはご存知でしたか?Mac OS Xに使われている最大1024x1024画素のHDアイコンについては? iOSのアイコンとAndroidのアイコンの違いは?

デスクトップアプリを開発の方でもモバイルアプリを開発の方でも、SoftOrbits Icon Makerを使えばあなたのターゲットシステムの全ての条件に見合うアイコンを作ることができます。SoftOrbits Icon MakerならiPhoneのアイコンとアンドロイドのアプリの使われているアイコンの違い記憶する必要や、WindowsやMacに使われているアイコンの異なるフォーマットやサイズを気にする必要はないんです。

オールインワンなアイコン編集

SoftOrbits Icon Makerにはアイコン・エディターに必要な多岐に渡るグラフィック編集フィーチャーが備わっています。切り取り、回転、お絵かきなど細部にわたって編集できるツールを併せ持ち、プロのようなアイコン作りをアシスト。

美しいスペシャル・エフェクト

SoftOrbits Icon Makerの多様なスペシャル・エフェクトであなたのアイコンを簡単エンハンス。 アイコンをシャープにしたりぼかしたり、明るさや彩度の調節、そしてその他20以上のビルトイン・エディターに備わったスペシャル・エフェクトを使うことができます。アイコンの色付けや影の追加、艶出し、アクティブ・ディアクティブバージョンの作成、様々な幾何学補正や歪み補正なども可能です。

アイコン自動作成

SoftOrbits Icon Makerはアイコンのサイズを個別に描きだす必要はありません。代わりに普通サイズのマスター画像から特定のプラットフォーム用の小さいバージョンを自動的に作り出すことができます。さらにSoftOrbits Icon Makerはプラットフォームごとに条件の異なるファイルフォーマットについても認識しています。例えばWindows 7では高画素のアイコンにはPNGフォーマットを、サイズの小さいものには従来のISOフォーマットを採用しています。

アニメアイコンとカーソル

SoftOrbits Icon Makerはアニメアイコンやカーソルをサポート、複数のフレームの編集やアニメのコマの作成が短時間で。

画像をアイコンに変換

すでに高画素の写真がありアイコンを作成したい場合は?SoftOrbits Icon Makerは一つのマスター画像に合わせ、ターゲットシステムの条件に合うアイコンをサイズ・フォーマット別に自動的に作り出します。大きめのものから始め、SoftOrbits Icon Makerがマスター画像を自動的に縮小し、あなたのプラットフォームに必要なアイコンを全て作成。これがたった数回のクリックで。

バッチモードでアイコン自動作成

SoftOrbits Icon Makerにはあらかじめ選択されたエフェクトを採用し、複数の画像の中からあなたのプラットフォームに合わせたシステムアイコンを作成することができるパワフルなバッチモードがあります。さらにバッチモードは複数の画像を用い、通常、ディアクティブ、アクティブ、ハイライトなどバージョン別のアイコンをあなたのターゲットプラットフォームの条件に合うサイズと色の深みで作成。

ICL、DLL、EXEからアイコン・ライブラリをインポート

SoftOrbits Icon Makerは ICL, DLL,EXEを含む様々なアイコン・ライブラリからアイコンをインポートすることができ、JPEG, TIFF, GIF, BMP,PNGファイルからアイコンを作成、さらにその他多数のグラフィックフォーマットをインポートすることができます。